無料ブログはココログ

« 国立競技場建設問題 | トップページ | 『やってはいけないこと』はやってはいけない! »

2015年10月30日 (金)

「杭打ち工事データ偽装事件」と「姉歯耐震データ偽造事件」

 某建設会社の杭打ち工事データの偽装が発覚し連日報道されていますが、ふと、2005年に起きた建築士による耐震データ偽造事件を思い出しました。両事件とも、民間企業の設計者、施工管理者が起こした事件として、当事者のみの報道が事細かに報道されていますが、どうしても報道が偏っていると感じざるを得ません。
建物はすべて国に対し建築確認申請が必要で、許可を得たもののみ建てることができます。前回も今回もすべて審査を受け承認を得ている建物です。ではなぜ、国は許可したのでしょうか? 国の許可責任はないのでしょうか? メディアは、当事者のみの取材を行なって報道していますが、建築確認申請(申請制度、建築確認システム、建築基準法
 等)そのものに問題はないのでしょうか?


 姉歯事件の時に後々問題になったのは、国の建築確認システムが遠因となって起きた問題だということが明らかになったことです。
1998年当時、米国の市場開放要求に対応した、建築基準法の改正、建築確認のスピード化(民間委託)、耐震構造計算の基準改定(グローバルスタンダードへの変更)などにより、建築確認システム全体が空洞化していき、形式審査中心になって書類がきちんとしていればOKのような状態になっていました。現場確認もしますが、見えないところにまでは手が届かず、書類審査のみで許可してしまう部分も多くあったと思います。

 言いたいことは、事を起こした当事者は当然としても、その背景にある法律や制度やシステムが抱えている構造的な問題をなぜメディアは取り上げないのでしょうか。そこのところを解決しない限り、立派で緻密な書類の山を見て許可を与える今の制度では、同じことが三度目も必ず起こるでしょう。弁護するわけではありませんが、事件の原因を利益追求に走る企業の構造的な問題だけにしようとする国(国土交通省、検察、警察)の基本的な考え方に大きな問題があると考えます。

 メディアの皆さん、本当の真実を報道して下さい。

« 国立競技場建設問題 | トップページ | 『やってはいけないこと』はやってはいけない! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

アネハの事件、耐震工事、建築基準検査を請け負った某フランスの検査会社が自らの責任を悔い、真っ先に記者会見を開いて謝りました、「申し訳ない、弊社の不注意です。」と。 最初にそれをやったものだから他社も偽造・偽証を隠せずどんどん芋づる式に関係者が引っ張り出されて、結局最初に誤った会社の名前はそのうち忘れられました。 ところが、その会社のフランス本部は誤った日本代表に大目玉! 責任者が公けの場面で絶対に誤ってはならない(保障問題になるから)のになぜあんな馬鹿な事をしたのか?! と凄い剣幕で怒られたそうです。 検査業界では一時その話題で持ちきりでした。 ところが、日本の建築会社数社があの会社は「誠実だ」という意外な認識を持たれてその後も検査ビジネスは発展したのです、めでたし、めでたし・・・・ という後日談があります。  建築業界のみならず検査業界も危ない傾向があるのですが、皆がちゃんとした仕事をするとコストが掛かるため、安く上げる為に現物検査せずに書類審査で通そうとしたり、ろくに見ないで「合格」させたり、お金をくれる人の言いなりになって流れに身をまかせたり・・・と「テレサテンじゃないんだから!」と腹立つ事しばしばあります。  サービスの本質が何か、目先のお金のため、保身のために見失っている感があります。  試験の答案を見ずに100点出す学校ありますか!!! 私も怒ってます!

ぼちぼち村長 様

いつもお読み頂き、又参考になるコメントをありがとうございます。
今回の問題も含めて、またまたはらわたが煮えくり返るようなことが次々と起こって来ましたので、ブログに殴り書きしました。
これで溜飲を下げているだけではあきまへんのですが・・・。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「杭打ち工事データ偽装事件」と「姉歯耐震データ偽造事件」:

« 国立競技場建設問題 | トップページ | 『やってはいけないこと』はやってはいけない! »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31