無料ブログはココログ

« 「子供の声がうるさい」 | トップページ | 先生の顔が見えない »

2015年4月26日 (日)

マスコミ報道がもたらしている害

 私が病気になってから読んだ何冊かの医療関係の本の中から感じたところを述べます。

 

今まで、原発や教育や政治問題、果ては外交まで、メディアは一方の主張をことさら大きく報じるだけで、反対意見や中庸の考えについては全くといっていいほど言いません。これでは、見ている視聴者は判断材料が得られず、その報道に洗脳されてしまいかねません。いや、現在の風潮を見ると、すでに我々はかなり洗脳されているやに見えます。

 

病気の内でも、ガンだけはなぜか特別に仰々しく報道されます。芸能人でも、殆んどの場合取り上げられるのはガンです。「宣告」とか「告知」とかもガンに特有の言葉かもしれません。これも、テレビドラマや芸能ネタでの取り上げ方が、国民のがんに対する恐れの意識の元になっているような気がしてなりません。

 

以下は、最近読んだ「僕はガンと共に生きるために医者になった」という本の中にあった一節で、同感するものです。

 

 【マスコミ報道は、国政選挙の行方を左右するほどの影響力を持っています。・・・

 医療に関する報道も、ひとつの問題が発生すると、どのテレビ局の論調も驚くほど同じで、まさに国民が洗脳されてしまいます。最近は医療事故や医療ミスの報道が多いのですが、日本の医療を良くしようという観点からの報道ではなく、いたずらに国民の医療不信を助長しているように思われてなりません。

  確かに医療界に問題点はあるでしょうし、医療事故をなくすための取り組みも重要です。しかし、報道の結果として医療不信のみを増大させるような、現在の報道姿勢は残念でなりません。・・・

  情報を与えることが使命なら、判断材料として必ず反論も伝えるべきでしょう。・・・

  報道は、日本の社会、日本の将来をより良いものにしていこうという立場でお願いしたいと思います。】

« 「子供の声がうるさい」 | トップページ | 先生の顔が見えない »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ヽ(´▽`)/
久々のご更新、待望しておりました!!!

どんな業界にも外部に漏らせないまずい事情や、根本的に修復が必要な部分や、業界独自の闇の部分などあまたあると思われます。  世に知らしめなければならない情報を、世間の人に代わって調べ上げ発表する、そして世間はその情報が活字や写真になったものを買う。  情報の売り手はできるだけ売れそうな包装にして、売れそうな場所において、売るための宣伝もする。 その「売れる」材料というのは、昨今の国民の習性や感情、人間の弱さ、興味を惹かれるもので、昔から言う「怖いもの見たさ」、「他人の不幸は蜜の味」などで、マスコミが読者を見方につけるには、共通の敵を作ること。 それが・・・

国民も自分の基準を持ってしっかり判断せよといわれても、教育や教育者にそれができないケースも手伝って、段々情報に操作されていくことになる、という展開かなぁとも思うのです。  但し、煽る事だけを目的として感がある報道には悪意さえ感じます。  そろそろ、社会のための報道、ジャーナリズムを発信するメディアが出てきても良さそうなのに。

色々と言い過ぎました。  とても興味深い内容のご投稿で、つい。

ぼちぼち村長 様

いつも見て頂き、又、有意義なご意見ありがとうございます。建設的メディア批判が一番のブログネタになります。
今、『官僚とメディア』という本を読んでいます。なんか喋りたくてうずうずしています。
お楽しみに!!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マスコミ報道がもたらしている害:

« 「子供の声がうるさい」 | トップページ | 先生の顔が見えない »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31