無料ブログはココログ

« 号泣会見と問題解決手法 | トップページ | 「子供の声がうるさい」 »

2014年10月20日 (月)

「ウチワ」と「観劇」

 またぞろ、国会では、政治家の金銭問題が出てきているようだ。政治にお金はつきものだろうが、それにしても国権の最高機関である国会で「ウチワ」だとか「観劇」とかのことで、大事な時間を浪費するのはいかがなものか。確かに税金を使って政治活動をしている以上、お金の使い方は清くなくてはいけない。しかし、だからと言って日本の国の行く末に大きくかかわる問題を放っておいて、星の潰しあいのような論争には虚しさしか感じない。起きたことは事実として厳正に処理すればよいと思うが、もう少し知恵を出して国の為になる解決方法を考えられないものだろうか。松島さんも小渕さんもこれから大臣としての仕事をしていこうというところで、いまだ実績も何も挙げていない状態で首にしても得られる効果は少ないと思う。野党としては“してやったり”であろうが、全体としてみればロス以外の何物でもないと思う。

 いっそ、今回の事案は議長か誰かに預けおき、今後の仕事の成果次第で評価するというようなことはできないものだろうか。こんなことの繰り返しでは、国内での潰しあいに終始しているうちに、外から狙われて気が付いたら日本(の一部)が乗っ取られてしまうかもしれない。すでにその兆候は出てきているのではないか。


 今、子母澤寛の「勝海舟」を読んでいる。

日本がアジアで唯一植民地化を防ぐことができたのは、徳川慶喜の決断があったからだと思う。そして慶喜の意志を受け、官軍と幕府軍の戦いを直前で止めた勝海舟と西郷吉之助である。同士討ちを止めたのは、日本国内に騒乱を起こし疲弊させた上で日本を乗っ取ろうとするイギリスやフランスの意図をいち早く見抜いたからで、幕末維新のリーダー諸子の見識は、今の政治家にないグローバルな器の大きさを感じざるを得ない。

今、議論すべきはウチワでも観劇でもない。日本が世界に対してどのような意思表示をしていくのか、日本の行く末、方向を決めなければいけない大事な時期だと思うが・・・。

« 号泣会見と問題解決手法 | トップページ | 「子供の声がうるさい」 »

コメント

全く同様の感慨を覚えていました。

政治家は法律や経済、外交を学ばねばならないけれど、自分の事務所の帳簿も読める番頭でなければならないのか、 何かチマチマした人間にも見えてくる。

安倍総理が「任命責任は私にあります。」と言ったのを受けて、次に野党は「では責任を取って辞任を」と持ってくるに違いない。 こうして、足の引っ張り合いは繰り返す。

いい加減に政治家も学んでほしい!  自民党も野に下れば同じ事をしていたかも知れないが問題は国が今どういう状況にあり、まずやらなければならない事が何かを野党はないがしろにしてはならない。 

国民としては、それを阻止する行動が望まれるかと思います。  いくら高等教育を受けていても政治家のベールをまとうと、物事の優先順位が決められなくなるんでしょうか、本当に賢明な判断を促したい。 

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ウチワ」と「観劇」:

« 号泣会見と問題解決手法 | トップページ | 「子供の声がうるさい」 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31