無料ブログはココログ

« 「佐村河内さん」と「小保方さん」とメディア | トップページ | 集団的自衛権 »

2014年5月 9日 (金)

憲法9条について

 畏れ多くも憲法第9条について述べます。と言っても、護憲か改憲とかいう話ではありません。私は、現時点ではどちらの考えでもありません。こういった問題は、時の情勢によって変わってくるものだと思うからです。少なくとも国内の事情だけで良し悪しを軽々に判断すべきではないとは思っています。

 最近、メディアの報道なども含めて見聞きしていますと、どうしてもひっかかることがあります。「憲法9条があったから戦争しないでここまで平和で来れた」という発言です。これって、良く考えてみると憲法9条がなかったら日本人はまた戦争に走ってしまうと日本人自身が言っているのと同じではないかと・・・。

 アジアの人たちは日本のここを恐れているのだと思うのです。日本人自身が日本を信用せず、憲法が無かったらすぐ戦争を起こしてしまう好戦的人種と自ら言っているようなものです。

 法律が有ろうがなかろうが、日本人は第二次大戦のような争いは絶対にしないという信頼感の醸成が必要で、その覚悟を今の日本人皆が内外に対して示す必要があると思うのです。

 日本人自身が、先の大戦の原因をA級戦犯のせいにして、他人事のように見てはいないでしょうか。なぜなら、中国、韓国からの批判に対して、A級戦犯が祀ってあるから参拝はけしからんと、同調するような論調がある。本来、日本では罪を償って死刑となった菩提はみな平等であり、死んでも現世の罪を背負って墓に入っているわけではないのです。そこを理解して貰わなければならない。

 なぜ、日本人は誤解されるのでしょうか。我々自身が、戦争責任について他人事のように考えているからではないでしょうか。日本人の一人として自分自身の問題として先の大戦を捉え、真の原因と再発防止を真剣に考えて行かなければならないと思います。決して、憲法が非戦を保証してくれるわけではないのです。

 北朝鮮が戦争を起こすことは国力から言っても無謀ですが、当時の日本は理屈では絶対に勝てない戦争に自ら飛び込む決断をしました。最も知性すぐれた官僚がです。

 日本人の事なかれ主義、大衆迎合主義も戦争を起こしてしまう危険性の要因の一つになってはいないだろうかと我ながら心配する日々です。

ありがとうございました。

« 「佐村河内さん」と「小保方さん」とメディア | トップページ | 集団的自衛権 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントをしようと、長々と書きましたが、やはり断念しました。 自分の意識や考えに一貫性が欠如している、「何を言いたいんだ?」と自分に問いかける羽目になりました。 これかも知れません、問題は!  私だけかも知れませんが・・・

ただ、これからの日本を考えるなら「教育」が原点となるかと思います。 学校、社会、家庭で今の大人が自分自身に問いかけ、反省すべき点は反省し、学習し、自分の立場でできることを伝えて行く事が社会貢献ではないかと。 人に言葉でいくら伝えようとしても響いて来ない事は多く、態度で示す事が一番。 社会人となった人、日本人同士はもとより外国の人々に憲法論議がどうであれ「姿勢」を示すのが一番でしょう。 しかし、アラブ諸国では「日本の様な国にしたい」と言う人が増えているようです。 日本の靖国問題にやたら感心を示しているのは中国と韓国ですが、日本人の「戦争」に関する意識を非難しているというより、彼らは国内政治問題への批判の矛先を「敵視」している外国への批判に向けさせて、うまく誤魔化しているとも思えます。 そのネタを作って煽っているのは日本の一部のマスコミなのかも・・・???  私の勝手な考えです、失礼しました。

ぼちぼち村長 様

ご投稿ありがとうございます。この種のネタを書くと、炎上するのではとも思いましたが、冷静なコメントを頂き恐縮です。私の若い頃は、東西冷戦時代の真っただ中で、右か左かのどちらかでないと「ノンポリ!」とたたかれ、左だと右から、右だと左から言われ、とにかく潰しあいばかりだったようです。二元論的な考え方を良しとしない小生でありますが、中庸の積極的主張を心掛けて、今のメディアなんかのうすっへらい論評にちょっぴりでも意見してやりたいと、意気込んでおります。

それにしても教育って大事ですよね!
ありがとうございました。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 憲法9条について:

« 「佐村河内さん」と「小保方さん」とメディア | トップページ | 集団的自衛権 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31