無料ブログはココログ

« 国民の責任について | トップページ | PK戦を見て »

2010年6月21日 (月)

基地問題④

 サッカーで日本国中がテレビに釘付けとなっていた最中、NHKの裏番組で、沖縄返還交渉の歴史ドキュメントをやっていた。私はサッカーがあまりよく分からないので、NHKの番組を見ながら合間にサッカーを見ていた。
番組の中で言われていたことと、先にブログに書いた『基地問題③』『密約その2』の内容と合う部分もあって、興味深く見ることが出来た。

 政権交代で沖縄が政争の具になり、結果的に沖縄の人を傷つけてしまった罪は大きい。本来は、政権が変わっても国の安全保障に関する基本部分は継続していかなければならない。でなければ、米国をはじめ、外国から見たら日本の政権は信用できなくなる。
 国民に対しても同じことが言える。政権が変わるたびに、国策がコロコロ変わったり、マニフェストがその通り実行されなかったり(実現度ではなく、方向まで変えるのは如何なものか)では何を信用してよいのか分からなくなる。

« 国民の責任について | トップページ | PK戦を見て »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 基地問題④:

« 国民の責任について | トップページ | PK戦を見て »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31