無料ブログはココログ

« 密約 | トップページ | 「単身赴任」5年目! »

2010年3月13日 (土)

「基地の移設問題」

 報道を見ていて思いました。

 普天間基地の移設問題が与党内で迷走しているようですが、軍事上の問題って、全員が幸せになって丸く収まるということはあり得ないと思うのですが・・・。

「国を守る」というレベルの問題は、国益のために誰かが犠牲になることで全体最適を確保し、犠牲となる部分を国が保障する、ということではないでしょうか。せめて、本土が責任を持って受けるとか、方針だけでも決めてかからないと、勝手に海外がいいとか○○島がいいとか、相手のことも考えずに言葉がポンポン出てくること自体、実現を前提としているとはとても思えません。

特に軍事上の問題は、方針が決定するまでは絶対にオープンにしてはならないと思います。大体、八方丸く収まり満場一致で決まるわけがないし、白か黒かで決着する問題ではないのですからね。

 先ず、日本はこれからも守ってもらうのか、自立するのかを最初に議論する必要があるのではないかと思います。

ありがとうございました。

« 密約 | トップページ | 「単身赴任」5年目! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「基地の移設問題」:

» ★普天間問題の原点、沖縄密約の本質! [ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw]
★普天間問題の原点、沖縄密約の本質!画像はクリックで拡大します。普天間基地問題で [続きを読む]

« 密約 | トップページ | 「単身赴任」5年目! »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31