無料ブログはココログ

« オリンピック雑感 | トップページ | 密約 »

2010年3月 3日 (水)

「事業仕分けと92兆円の関係」

 平成22年度の国家予算が決まりそうですが、予算の無駄遣いを徹底批判していた野党が政権を取って、予算総額を減らすのかと思ったら、事業仕分けでわずかの予算を削減しただけで、大盤振る舞いする分の予算は、財源なしで予算だけ先に計上する、これってものすごく行く先が怖くありませんか? 

 家庭や企業では、借金をして美味しいものを買って、それを先に食べるということは絶対にしませんよね。

  「入るを図って出るを制す」

元々は、

  『禮記(らいき)』王制篇

  「以三十年之通、量入以爲出

   (国の財政の在り方は) 過去三十年の平均を取って予算を決める。

   収入の予測を立て、支出はそれを超えないようにする。

が出所だそうですが、昔の人はええこと言いますねえ!

二大政党制を心から願う一人として、大きな期待と大きな不安を抱いています。

尚、当意見は特定の政党や個人批判が目的ではありませんので、何卒寛大にお読み頂きますよう、よろしくお願い致します。

« オリンピック雑感 | トップページ | 密約 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「事業仕分けと92兆円の関係」:

« オリンピック雑感 | トップページ | 密約 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31